手を繋ぐ人

結婚式場のノウハウ|新郎新婦が納得できる式がここにあり

日本の伝統の挙式

新郎新婦

家族の絆が深まる

神社挙式は、神社に祀られている神様に結婚を誓うという日本の伝統的な挙式です。神社挙式は室町時代から行われており、現在はチャペルでの結婚式が増えていますが、神社挙式も伝統的な挙式を挙げたい人達に今でも選ばれている結婚式です。神社挙式の魅力は、ただ日本の伝統だからというだけではありません。伝統的で厳粛なイメージですが、神殿で挙げる神社挙式は比較的少ない人数で行われることが多く、家族同士の結びつきがより一層深まる、心温まる挙式です。儀式をこなす事が大変なイメージもありますが、意外と省略する事や追加で行いたい事などを相談出来る事もあります。元々指輪の交換は神社挙式の儀式にはありませんでしたが指輪の交換を行いたいとの要望が増え、昭和30年頃から定着していきました。神社挙式を挙げたい場合は自分達のこだわりややりたい事などの要望も出せるような所を選ぶと、持ち込み等を許可してもらい、ある程度は自分達で準備することで費用の節約も可能です。緊張感はありますが、すぐ近くで親族に見守られながら行うので新郎新婦の二人にとっても安心感があり、また結婚する事への決意をしっかり持ち、凛とした気持ちで門出を迎えることが出来ます。また、和装が楽しめる事も魅力の一つです。花嫁の白無垢や花婿の袴姿は神社という場所ではより美しく見えます。一生に一度の思い出として本人だけではなく、参列者の心にも残るような挙式が出来ます。そして、この先の毎年の初詣やお宮参りや七五三などの行事の際にも同じ神社で行うことが出来て家族での思い出が同じ場所で出来る事は神社挙式ならではの魅力です。